えん麦のちからは貴方の快腸をサポートします

えん麦のちからで良好な腸内フローラを

えん麦のちからには、玄米の9倍もの食物繊維が含まれています。食物繊維が多いことで有名で、食物繊維を摂るために愛用している人も多い玄米の、9倍ということですから、相当な量です。食物繊維は腸内環境を整えるのに不可欠なものです。腸内には、膨大な数の菌が生息しており、人間と共生しているような状況となっています。

菌の種類はさまざまで、その様子は花畑に例えられ、腸内フローラと呼ばれています。菌は大きく3つに分けられます。善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌です。善玉菌が多いと、便秘も下痢もせず、快便となります。悪玉菌が多いとさまざまな弊害があります。もともと人は乳児の頃は、善玉菌が9割を占めていますが、60代になると1割に減ってしまいます。

善玉菌を含む食べ物を食べても、ほとんどが胃酸で死滅してしまうため、乳児期から持っていた善玉菌をどんどん増殖させるというのが得策となります。食物繊維は善玉菌の餌になりますから、善玉菌の増殖をサポートすることができます。菌の数は限られているため、善玉菌が増殖する分、他の菌の数は減ります。えん麦のちからを継続摂取し、食物繊維を常にたっぷりと補給していきたいものです。

 

不足しがちな食物繊維

日本人は、食物繊維の多い食生活を送ってきて、それに適合するような体質になっているのですが、近年の食生活の大きな変化によって、食物繊維の摂取量は大幅に減少しています。食物繊維の摂取量が減ったことで、さまざまな弊害が出てきています。糖尿病の増加にも関係していると指摘されています。食物繊維が少ないと、糖がすぐ吸収されるため、血糖値が上がりやすくなります。

えん麦のちからには、糖の吸収を緩やかにするという効果も期待できます。えん麦は、小麦の仲間のようにイメージされがちですが、小麦とはかなり異なる食品で、アメリカの公的機関である米国食品医薬品局から、最高ランクであるAランクに認定されている健康食品です。きのこに多いベータグルカンも豊富に含み、有害物質の排出にも効果を発揮することが期待されます。

食物繊維を摂るために、毎食玄米にするというのもたいへんな面がありそうですが、えん麦のちからなら、粉末状になっていますから、精白米に混ぜたり、味噌汁や野菜ジュースなどに混ぜることで簡単に摂取できます。日本人の食生活で不足しがちな食物繊維を、えん麦のちからを毎日摂取することで補い、健康を保っていきたいものです。

ご紹介サイトの詳細→えん麦のちからを30日間試してみたわたしの口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です