優良な行政書士通信講座の見分け方

行政書士の通信講座を内容で見分ける

現在、非常に多くの行政書士の通信講座が開講されています。行政書士の場合、試験範囲が膨大で、より効率的な勉強が必要となるため、優秀・優良な講座選びが必須となります。見分け方のポイントとして、まず指導実績で選びます。分かりやすいのはその講座が経営されている年数。歴史の長いスクールは単純にノウハウの積み重ねも豊富です。

また、合格率・合格者数も基準となりますが、最近は明確に表示しないスクール・講座もあるため、この点ではわかりにくいかもしれません。口コミサイトや体験談も判断しやすい材料となります。サイトをにらめっこしていてもなかなか細かいところまでは分からないので、受講者の生の声はありがたいです。そして、カリキュラムも大事です。講座の価格はカリキュラムのボリュームに比例するため、多い方が良いと思いがちですが、これは適材適所です。

他の資格試験の受験経験があり、速読に自信があり、日々の生活時間に余裕がある方は多い方が良いでしょう。しかし、資格試験自体初めてで、本を読む速度はそれほど速くなくて、日々の時間がなかなか捻出できない、という方は少なめの講座を選びましょう。その場合、特に必要なカリキュラムが盛り込まれているかを入念にチェックしましょう。

 

行政書士の通信講座を価格で見分ける

各社の通信講座の価格を見ていきましょう。フォーサイトは32,000円、キャリアカレッジジャパン46,000円、ユーキャンは63,000円、LAは99,000円。カリキュラムの分量・充実度が増えていくに従って、価格も上がっていきます。テレビの宣伝でも良くみかける大原はスクール並の154,200円~。これらの価格設定に関しては、5〜6万円未満の講座の場合は講義教材が付いていなかったり、模試がオプション扱いで追加料金が必要であったりと、色々と細かい条件・選択肢があるのも特徴的。

目先の安さに釣られて飛びついたはいいけれど、必要なオプション項目を足していったら、結局スクールに通うのとあまり変わらない金額になってしまった、ということはよくある失敗談です。失敗しない見分け方のポイントとしては、複数の企業に資料請求をしてきちんと比較するということ。比較サイトもあるのでそういったものを利用するのも良いでしょう。

しかし、最終的には、自分が必要と思ったものを選ぶ、各社の違いをきちんと把握した上で自分で選ぶということが大事になってきます。もちろん、こういった点も口コミ・レビューサイトや個人ブログでリサーチするのも良いでしょう。

ここで詳細が確認できます→行政書士の通信講座を始める前に読むブログ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です